代筆屋

代筆屋
辻 仁成 / 海竜社
出版社/著者からの内容紹介
どうしても伝えなきゃいけない想いがある。自分では表現できないほど強い想いがー。
舞台は、吉祥寺の井の頭公園のそばにあるカフェ「レオナルド」。小説家のはしくれの「私」は、口コミで広がった「代筆屋」として、恋に悩む青年から、88歳の老女まで、老若男女のさまざまな想いの代筆を依頼されます。恋あり、別れあり、喜びあり、悲しみあり、依頼人らの人生模様と切実な想いは、手紙を通してあなたの胸を優しく包みこみます。思わず大切な人に手紙を書きたくなる一冊です。

目次
拝啓(まえがきみたいなもの) 
第一章 『名前も分からぬ人へ向けた恋文の書き方』
第二章 『咲くよ桜』 
第三章 『過去に囚われず、未来に縛られず』 
第四章 『目を細めて、輝く水平線を』 
第五章 『この際、はっきりとさせるために』 
第六章 『でも死のうとは思わない』 
第七章 『ラブレターのすすめ』 
第八章 『八十八歳のわたしより』 
第九章 『心境』 
第十章 『雪のかまくら』 
追伸(あとがきにかえて)


タイトルに惹かれて手にした1冊でした。
辻さんご本人の私小説風なのですが、どこまでがノンフィクションでどこからがフィクションなのか、はたまたすべてが創作なのか煙に巻かれてしまいそうでしたが、そんなことはあまり気になりませんでした。
面白いなと思ったのは、依頼を聞く段階でそれ自体が人生相談のようになっていて、依頼人はもちろん受取人の性格や現在の状況を想像し、書きあがった手紙は依頼人すらも気付かなかった本当の気持ちまで引き出してしまうところです。
拝啓に、「ある意味で代筆屋は占い師的な力も求められるわけで、そうなると、文章力だけの仕事とは言えそうにない」と書かれているのですが、まさにその通りでした。
自分なりに、私ならどんな風に書くだろうと想像しながら読むのも楽しかったです。
辻さんにはとうてい敵いませんでしたけどね。

中でも印象深かったのは、第三章と第八章でした。
どちらもキーワードは『感謝』かな?
第五章の 『この際、はっきりとさせるために』も読後感がよかったです。
筆者の手腕に唸りました。
「手紙は心を写す」という言葉に、私も人の心を動かせる手紙が書けたらステキだろうなと素直に思いました。
欲を言えば、一部後日談が載っていないものがあって、それはそれでいいのでしょうが、ウィットに富んだオチが読んでみたい気もしました。

今まで読んだ辻さんの作品は
『サヨナライツカ』
『嫉妬の香り』
『オープンハウス』
『海峡の光』
『冷静と情熱のあいだ Blu』

なかなか引き出しを持ってるんだなと感じられた一冊でした。
短編だしサクサク読めるので、細切れに時間が空く時など持って行くのにお勧めかな。
物書きさんの参考にもなりそうです。
[PR]
by webwing | 2005-02-22 12:22 | 小説


<< オペラ座の怪人 きみに読む物語 >>