世界の中心で、愛をさけぶ

世界の中心で、愛をさけぶ スタンダード・エディション
/ 東宝




平日の午前ということもあって空いていたし、1人で見に来ている女性も結構いました。
やっぱり泣いてきました。
わかっていたので一番後ろの席に陣取って思う存分泣いてきました。
原作とどちらがよかったかというと。。。
焦点が違うように感じてそれぞれよかった・・・かな?
ここからはちょっとネタバレ。
映画を見る予定の人は読まない方がいいかも。

原作ではラスト僅か6ページで10数年後をさらりと描いていますが、映画はよりドラマチックな巡り合わせで原作にはないストーリーが展開されます。
原作には登場しない朔太郎の婚約者(律子)が、実は入院中のアキの声のテープをサクちゃんに届ける小学生の女の子だったんです。
もちろん2人ともそんなことは知らずに付き合っていました。
結婚を控え引越しの準備をしている時に、子供の頃のカーディガンのポケットから届けられなかったアキの最後のテープが出てきて・・・
手品や台風29号などデジャヴュのようなシーンも映像ならではのシーンでした。

『世界の中心で、愛をさけぶ』というタイトルは映画の方が相応しい気がしました。
ラストシーン、オーストラリアで朔太郎がアキの灰を撒くシーンに平井堅さんの『瞳をとじて』が流れるんですが、これはアキの最後のメッセージに対するアンサーソングなんですって。


なくしたものを 越える強さを 君がくれたから


あのテープと律子の存在が過去から朔太郎を解放してくれたんですね。


平日の午前中に一人映画を楽しむなんてなんて贅沢なひとときなんでしょう。
ほくほくでした。癖になりそう・・・
[PR]
by webwing | 2004-05-13 00:00 | 2004年劇場版


<< アズカバンの囚人 CASSHERN >>