コラテラル

コラテラル スペシャル・コレクターズ・エディション
/ パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン



今日も行ってしまいましたよ・・・・レイトショー
ダンは『コラテラル』に未練があったのかな?今日も行こうって言うんです。
今日は久し振りにネット友達とチャットでお喋りしようと楽しみにしていたんですけど、ダンに臍を曲げられても面倒なので付き合うことにしました。

トム・クルーズが冷酷非道な殺し屋役の映画です。
これも昨日とは全然違った面白さがありました。
コラテラルとは巻き添えっていう意味なんですけど、殺し屋を乗せてしまったタクシードライバーが、今まで何の気概もなく、夢を語るばかりで、ただ淡々と12年間タクシーを運転し続けてきただけの生活を送ってきた自分の人生を見つめなおして変わっていくストーリーかな。
トムがね、美貌のせいか(笑)あまり冷酷に見えないんですよ。
仕事の完璧さから言えば『ミッション・インポッシブル』のイーサンの方がクールだったんじゃないかな?
まあ素人巻き込んじゃいましたからね。少しずつ運命が狂いだすわけですよ。

印象に残ったセリフがあって・・・トムのセリフなんですが、
「親というものは自分の子どもに自分の欠点を見出しては叱責する」
妙に納得してしまいました。なんか耳が痛かったな~

最初はタクシードライバーが巻き添えを食らったんだと思っていましたが最後はトムのほうが巻き添えを食らったのかしら?なんて思えてきて・・・

人との係わり合いがあって、ままならなかったり変化するのが人生なんだなとあたりまえのことを再認識しました。
ダンが「明日は何見る?」なんて帰りの車で聞くので「明日は『大奥』観るからダメ~!」と言いました。

家に帰ると玄関にチョコの置手紙があって、二夜も連続で出かけたことに大層ご立腹の様子で『今度行ったらおじいちゃんとおばあちゃんにチクルからね!』ですって。
そりゃやばいわ。やめて~~!( ̄ロ ̄д)
[PR]
by webwing | 2004-12-01 00:00 | 2004年劇場版


<< カンフーハッスル スカイキャプテン >>