<   2004年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ブラザーフッド

ブラザーフッド プレミアム・エディション
/ ジェネオン エンタテインメント


今まで見たどの戦争映画よりもとても重く辛い映画でした。
激しい戦闘シーンは見ていて胸が締め付けられました。
それは第二次世界大戦でもなく、ベトナム戦争でもなく、朝鮮戦争だったからだと思いました。
初めて朝鮮戦争の映画を見て、この戦争の発端が日本にあることを改めて思い過去の過ちを1人の日本人として痛感しました。
同じ民族が戦わなければならなかった悲劇は、想像を絶するものだったことがスクリーンから迫ってきました。

優しい弟想いの兄ジンテを変えてしまった戦争。
ジンテは弟を守るため、鬼になります。
そんな兄に反発するジンソク。
お互いを大切に想い合っているのにすれ違う感情が切なかったです。
ジンソクが死んだと思った時に正気を失ったジンテ。
ささやかな平凡な暮らしさえ叶えることが許されなかった時代。
最後にジンテが正気に戻り、そして息絶えていくシーンは涙が止まりませんでした。

世界中に平和が1日も早く訪れることを願い、今の自分の生活を感謝せずにはいられませんでした。
そのためにも過去を忘れてはいけないと改めて思いました。
[PR]
by webwing | 2004-07-29 00:00 | 2004年劇場版